上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
最近読んでるのは、図書館で棚に並んでるのを見て、背表紙が目についたら(いい感じだったら)出してみて、表紙とかパッと見がよければ借りてくるのですが、ま、いわゆる『ジャケ買い』ならぬ『ジャケ借り』よね(笑)

そんなことはどーでもいいけど、若い(~30代とかね)人のはけっこうカバーデザインがセンスいいと私にとってのアタリが多い気がします。

これもアタリっちゃあアタリに入る本でした。



柴崎さんのデビュー作で、映画化もされたらしいけど、な~~~んか。


島本理生の『一千一秒の日々』と書かれ方が同じみたいな感じだったから、なんかしっくり来なかったーーーー。ちょっと残念。。。


時間的には一日のことなんだけど、何人もの目線で時間が交互して書かれてる。でも言っちゃえば、何人かの登場人物が居て、その何人もの目線でそれぞれ書かれていくから、アイディア…みたいな書き方が同じじゃーーん。とか思っちゃった…………


でも、けっこう好きっちゃ好きな空気ではあるね~。

きょうのできごと きょうのできごと
柴崎 友香 (2000/01)
河出書房新社

この商品の詳細を見る


なんか表紙がいい感じでしょ?o(゚▽゚o)(o゚▽゚)o

見てみたら、映画、妻夫木君が出てたんだねー。
スポンサーサイト
2006.07.23 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://bee1207.blog6.fc2.com/tb.php/327-970bf2e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。