上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
久々に書きますが、一言。






…微妙………。


てかそこに本間サンって…

どこに行きたいのかサッパリだよね……


スポンサーサイト
2007.05.06 Sun l EXILE l COM(0) TB(0) l top ▲
開幕ですね。

幕が開いて、始まるのって、いつですか?(笑)





 え?9/22?普通 幕ってあがったら 始まるものが常識だと思ってました♪











てかさ、
2006.06.06 Tue l EXILE l COM(3) TB(0) l top ▲
 HIROさん
      Happy Birthday♪


37歳って、他の37歳の人と比べたらHIROさんて若いですよね~。
パワーも凄いしね~。働き盛り、という点では同じなのかもしれないけど、肉体的にしんどくなるところを凄くがんばってやってるのは見事ですねぇ。


またHIROさんらしく素晴らしい年になるように突き進んでくれることでしょう…。
さぁ、次の手は何なのか!!(笑)









あ、それで、昨日の朝寝てる間に来ちゃった佐川さんが、昨晩、翌朝に再配達頼む電話しといたら、今朝来てくれたらしいです…。

………(-_- )Zzz   って起きた(起こされた)の11:20て遅刻するよっ!
 という時間で、玄関に行ってみたら…… ???( ̄□ ̄;)






 完全に、昨夜~ダンボールを目にするまで 忘れ去ってましたのよ……
  勿論、届くのも存在さえもね( ̄▽ ̄)

やさしいお母ちゃんが変わりに8000円払っといてくれてたよ…
昨日不在の伝票 目にして荷物届くの知ってたから驚いてなかったけど。
てか数年の内に、段々と(EX関係に金をドボドボ使ってるのが)バレてて(笑)今では たいして驚かないよ(T▽T)喜んでいいのか……



肝心の写真集。
まぁ、中身は……『想像よりイイ』のも頷けたけど、
8000円には…頷きかねる。のも凄く分かる。。。
収入が無い今の私にゃ辛いわ~~~。。



てか、メキシコ&LAでホントに釣りDVD撮りに行ったんだね清木場さん… PVついでに撮るんだと思ってたよ…( ̄ー ̄)
とことん釣りバカだね♪オッサン少年は(笑)

2006.06.01 Thu l EXILE l COM(0) TB(0) l top ▲
ちゃんと携帯のカレンダーに、
   MATSU  って出てきますから、てか元々記憶してるから忘れませんけどね、もう。

31歳って早いねー!!もうあんなに騒いでたミソジ終わっちゃったね~(笑)

ダッシュジーは、なんやかや楽しかった模様ですね。最近ホントどーでもよくなってきたわ♪良い意味で(笑)まぁ良いも悪いもないんだろうけど、別に見てたら楽しいんだろうけど、別に見なくても何と~も思わなくなってきたわ…。これってヤバいかね?!(笑)全く負け惜しみも何もなく……( ̄□ ̄;)若さがまた減ったわ!!危険度がUPしてしまった!!


とか言いながら、やっぱりどーでもいー(笑)

でも楽しそうで良かったです。
でも言ったからには本当に武者修行らしい武者修行して来て下さい。TO EXメン以外のEXSの方々
世の中って厳しーよねーー。


うゎー!
 カワイイえくぼサンの誕生日なのに、暗い日記になっちまった∑(・Д・;)






中高の後輩も誕生日で、メールしたらめっちゃ喜んでくれて良かった(*゚▽゚)ノ
テストも終わったし、旅行もあるしで、いい時期だね♪


いーなー 女子高生って!!!!  あの若さが欲しい…w
2006.05.27 Sat l EXILE l COM(0) TB(0) l top ▲
ATSUSHI 26歳おめでとう!!!!

素敵な家族に、仲間に、囲まれてこれからも幸せと感じられる時を過ごして下さい。


辛い時には辛いって言っていいから。それを受け止めてくれる人が、貴方の周りには沢山いる。
無理に幸せと思い込もうとしなくたって、幸せを感じられる心をきちんと持ってる人なんだから、大丈夫だよ!


自分の大好きな歌、ずっと歌っていけますように。
今までの26年間がそうであったように、これからの人生も
「愛・夢・幸」で溢れた日々にして下さい。
2006.04.30 Sun l EXILE l COM(0) TB(0) l top ▲
昼から学校(今更始業式なんかやる大学あるか?!)
で、その晩 友達のライブに行ってきました。

学校終わって、昼ご飯食べてなかったので友達と2人で、ちょいと寒空の中 世田谷公園で花見しつつ軽食… 犬と暇そうな大人が多かったです。。


んで、時間潰しがてら、未チェックの雑誌を見に…

でも丸1日は履かないヒールだったから足痛くて、紀伊国屋で済まそうと思い(ライブハウスには近い)行こうと歩いてたら………



歩道橋で、 ( ̄□ ̄;)この声は?!


詳しくは、聞こえてきたのは歌声で、♪溢れるほどの 愛と~


って俊ちゃん?! (゚Д゚≡゚Д゚)?


  まさか渋谷駅前で、あの6人に遭遇!!!?








て、まぁ、 あれっすよ…嘘ついてみたいのさ(笑)












060401_1811.jpg


ASIAトラックを見つけただけ(笑)

でも走ってること知らなかったから普通にビビリました。
しかも、私まだLove,Dream&Happiness 聴けない状態なんですが……

物凄く動揺しながら、「でも写メ撮んなきゃ!」とすかさず駆けてって 人目気にせず、歩道橋の上から。。なのでコレが限度です(笑)

撮っても動揺し続ける心…………
外の方がダメージでかいっすね(;´Д`)=3 いつまでも暗くてスミマセン…




そして行く道 渋谷らしからぬ綺麗な夜桜に心和ませつつ…
060401_1848.jpg





でもさ、やっぱ思ったのは幾ら頭で大丈夫って思ってても、心って上手くコントロール出来ないもんなんですね。。。

その友人のライブは、4組出演の内、4番目=トリ♪
やったね~☆^(o≧▽゚)o と言いつつ、会えたのも1ヶ月ぶりだったせいか、ライブ始まるのにその友人とロビーで話し続け…
2組目の演奏が始まった時に、彼女が着替えるのでバイバイしてやっと中に入ったのですが、、、、、

音楽聴くのは好きです。嫌いなのは、体調悪い時に聴くうるさ~~いやつなだけで、別にあとは嫌いじゃない。
音楽の大半は“嫌いじゃない”から、聞いてるだけなら普通に聞いてるんです。
でもね~結構伝える系?のとかは、ちゃんと聴くんですよ。人には好みがありますから、私なりに良い所好きな所を探しながら。




 聴けなかったんですよねぇ………


歌ってる(唄ってるのよねごめんなさい)のは聞こえてるの。
でも言葉が耳に全く入って来ない。というか、心が完璧に遮断してました。全く知らない外国語聞いてるような感じでもないんだけど、1曲で単語4つくらい…だったかな。。。聞いたの。
まぁ今聞きたい種類の曲とかではなかったってのも大きいけど。
だからギター上手いのね。とかはちゃんと見てたんだけど、感想書く時に気づきました。感想がギターしかないの。2組目の人のも3組目の人のも。 やっちゃった…て感じでした。。こんな風に聞いて申し訳ない。


でも友人のは、何回か聴いてるからってのもあり、さすがに分かるの。
慣れてるしね。今聴いて嫌な曲じゃないのも分かってるし。
だから無事に笑顔だったりして、心だいぶ開いて聴けて。


でもね、すごーくありがたかったことがあったの。
まずね、一番大きかったのは、一発で聴きながら惚れた大好きな曲を歌ってくれて。行くって言ってた2月のライブには急遽行けなくて、3月は演らなかったから…

全然聴けてなかった心に、スーッと入ってきて、なんとなく体が楽になった気がした。
メロディが良いのは言うまでもないんだけど、詞がね、とってもね、気持ち溢れてるの。楽しいとかそーゆーんじゃなくて。想いが。
その込めた溢れる想いの強さが癒してくれたのかなぁ…と思ってます。

彼女の心からの「ありがとう」が、心に入った(伝わった)のかな…

しかも、その友達はいつも聴きに行くと(前もってメールしてるのに)喜んでくれて「ありがとう」って笑みをくれる。
そして、昨日は始めお客さんも少なかったから、勿論友達の中で一番ノリだった私ですが、顔見たらちょっとホッとした顔になって。
そしてまた、私がお疲れ様のメールを送る前にありがとうメールが来るんですよ。


人の、優しい気持ちの笑顔に触れて、勇気づけられました。





ありがとう。本当に。 何回も言ってるけど、大好きだよ!!心から!




歌が聴けない、って重症かな…。と思います。だいぶ立ち直ってるつもりでも。
でもね、私は前を無理矢理でも向いてないと、弱いから、甘えちゃうから、しっかり目を開けて、前を向いて生きていきます。
苦しいのは一緒。 がんばんなきゃね! EXILEみたいに。
2006.04.01 Sat l EXILE l COM(2) TB(0) l top ▲
3月30日。

日付が変わってから、清木場俊介の『さよならの唄…。』
聴かせてもらいました。

音量大きくして、ラジカセから離れて、音が胸に届くように。



3月29日の最後の2時間で、もう1回、EXILEと、SHUNと、
お別れ …じゃないな 最後に確かめようとしてASIAを聴いて。
そしてLove,Dream&Happinessを見て。

色々想いはある。6人にも。私達ファンにも。
でも6人は決めてしまったから。29日でSHUNはいなくなる。
改めて、この46時間半、SHUNが居てくれてしてくれたことの大きさ、EXILEが在ってくれたことの大きさに気づかされました。
そして、私はSHUNが、EXILEが大好きだったことを。


SHUN、ありがとう。  歌ってくれて。笑ってくれて。居てくれて。






正直、SHUNに居て欲しい。そんな気持ちが消えない。
でも消そうとも思わない。それが正直なところだから。
それだけ私の中でSHUNが大きく在った、ということ。
それだけ、支えてくれていた、ということ。

だから、貴方に感謝します。
居なくなってしまう今で申し訳ないけれど、4年半という時間、SHUNで、歌っていてくれてありがとう。





『さよならの唄…。』
大好きなEXILEを離れても、自分を貫き通す貴方の我が儘には、
やっぱり辛さ、寂しさ、痛さがあるんだよね。
でも、『貴方は貴方の唄を唄う。 貴方は貴方のゆく道をゆく。』
それをこれからも見て生きたい。今はそう思っています。



5人になってしまったEXILEを、『EXILE』と出来るか分かりません。
それだけ かけがえのない存在でしたから。


いつか、こんな日があったね。でもよくここまでがんばってきたね。

そう心から言える日を楽しみにして。
今は、SHUNに、ありがとう。



五十嵐広行 松本利夫 宇佐美吉啓 眞木大輔 佐藤篤志 清木場俊介
この6人にとって、2006年3月29日の別れの上で、
いつか、沢山の幸せが訪れていることを願って。

2006年3月30日
2006.03.30 Thu l EXILE l COM(0) TB(0) l top ▲
順序を追うのは辛すぎるので、29日になって、まず、
『最後のEXILE』を聴きました。
DVDは辛すぎて先に見れないので最後の我が儘です。弱い私でごめんね。

そして、頑張って、『最後のEXILEの姿』を。

そして、改めて、『想い』に触れ。

そして。『別れ』を。








1日+22時間半の覚悟の後、これらの過程を経て、この出来事を、
私は受け止めつつあります。

自分で、そう願ったので、そうである、と思って信じています。





でも、27日の半分と28日は、正直言って、残された者、
   ATSUSHIに想いが向いて、辛くて痛くて。。。。

今のATSUSHIは本当に送り出そうとしているんだと思う。
でも、絶対に悲しみでいっぱいになった時があったよね?
それを共有するじゃないけど、それに共鳴したのかな、
無理矢理言い表そうとすると、そうなる。

と言うよりも、自分と『SHUN』との別れを、ATSUSHIにシンクロさせ
委ねてしまった。  この表現が一番近いと思う。



だから『ASIA』は、最後のSHUNと向き合うんじゃなくて、
正直なところは、ATSUSHIのお別れを、一緒になって受け止めていた
だから、1回は途中で止まってくれた涙も、最後は、どう息をしていいか分からなくなってしまうくらいになってしまった。
ただ ただ ATSUSHIの、篤志の想いで全てが。


助けを借りてから、『Live Tour横浜最終日』
こんな状況じゃなきゃ Choo Choo TRAINも泣かないのに…。
あの、1218。確実に、私は、あの6人が笑っていたように、
嬉しくて、楽しんでいた。
バラードでは泣いて、明るい曲では手拍子をして。

唄い人を、清木場俊介を聴くことをとても満足して喜んでいたのに
今ここでは、喜べなかった。 そこに唄はあるのに。

運命のヒトもATSUSHIが書いた詩だし、私の記憶の中だけれど、
確かに、あの時ATSUSHIは「運命のヒトはSHUNちゃん」
そう想いを込め、歌っていた。
その想いの深さ、意味、全く理解してなくて聴いて、
ごめんね。ATSUSHI。

終盤、HEROでつまって歌えなくなったSHUNは、最後は
 「君は一人じゃない!」って歌った。 最後は歌った。
そして、song for you  ATSUSHIはそれまでがんばって歌ったのに
最後の最後の、「僕らはここにいるよ」

歌えないよね。ここにいるよって言いたかったけど言えなかったよね
最後に歌うのに、皆知らないで分かんないで聴いてる中で、
ATSUSHIが受け入れられてたかどうか想像するしか出来ないけど、
そんな中じゃ歌えないよ。
でも最後は持ち直して泣きながらも歌って… 本当によくがんばった


アンコールのMCだって、本当に今見てみれば、
SHUNは、「最後のツアー」って言ったものね。
勝手にLive Tour 2005がツアーだと解釈して、「ツアーの最後」に私の中でしてしまっていた。
そして、詰まって、詰まって、話そうとするのに詰まって。
辛いのが、今やっと理解できた。言えなくて辛かったんだね。
でもよくがんばって話したよ。えらかったよ。

そしてATSUSHIも本当にがんばって話したよ。本当に。
心から愛している。この言葉の重みを今になって理解しました。
本当に。  今でごめんね。



そして、6人の『手紙』を読んで。
やっぱり、皆もそうだけれど、なぜだろう。
やっぱり ATSUSHIの手紙から決意が伝わってくるのと同時に、
        痛い。。。。

心が泣いているのが、耐えきれなくて。
言ってる言葉に嘘は決してないのに、やっぱりそこにあるのは
ATSUSHIの感じている痛みだったんだと思う。
それを完全に私は拾ってしまったのかな。




でも、そこまでで、 『心が分かったこと。』


   『ASIA』は 愛に溢れてる。







そして、『Love, Dream&Happiness』のVideoを見て。
笑顔でいる、EXILESみんながいました。
SHUNがいる中に、清木場俊介も。
送り出そうとする5人の想いを代表した篤志の想いの中に。




そして、最後。本当に分かったこと。
EXITのメイキングを見て、私の知ってる楽しそうなEXILEを目にして、

そして、SHUNにとってはラストシングル。
YES! のメイキング。



そこには、変わらないEXILEの6人が居ました。笑顔が輝いていた。
横浜のDVDでは、笑顔を見る度に、涙がこぼれていた。なのに、
笑顔になる私が居た。


そしてその映像の最後、面白かったMAKIDAIに対して、

声を出して笑っていた。 自然に。 ごく普通に。

そこには変わらないHIROさんが居て。
そこには変わらないまっちゃんが居て。
そこには変わらないうさが居て。
そこには変わらないマキさんが居て。
そこには変わらない篤志が居て。



そして、SHUNが、 変わらない俊ちゃんが居ました。








 愛は 変わらないよね。 そして消えないよね。6人のEXILE。


SHUNと、5人のEXILE。

別の道を歩んでいくこと、これは事実だから。6人の決意だから。






キレイ事かもしれないけれど、自分の悲しい辛い気持ちに浸るんじゃなくて、今は今からは、進む道の先を向くことに決めました。

私は弱いから、  6人が決めた今日2006年3月29日。

この日から一緒に前を向くことにします。
2006.03.29 Wed l EXILE l COM(0) TB(0) l top ▲
やっぱり、今すぐ受け入れられない。


これが本当の今の私の気持ち。



日付が変わって1時半になる頃に聞いて……。





 清木場俊介の想いは、少なからず知っていたし、分かっていたつもりでいた。いつかこんな日が来ることもきちんと理解はしてた。
 けれど、その日が今日この日なんて思ってやしないじゃない?


 清木場俊介は大好きです。 この気持ちは揺らがない。








けれど、『SHUN』の居ない EXILE。


この事実はどうしても今は受け入れられない。
アタマの中では、そんな日本語分かってる。
でも、心が、私の芯が、






幾らなんて言ったって、私にとって、『SHUN』の存在の大きさは
計り知れない。これは皆同じだと思う。
私が1人の人として毎日を歩いていく支えになってくれていたのは、
『僕ら』その6人でしょ?











ここまで書いてて、涙が溢れてきて………

その後☎かかってきたので中断してしまいました。

また改めて。
2006.03.27 Mon l EXILE l COM(0) TB(0) l top ▲
友達が見たいって(昨日)言ったので、ナルニア見に行ってきました。

私は午後、説明会で4時終了で友達も違う所に行ってたので、ちょうどいいのがなく、ブクロで19時半からのを見ました。
母も帰って来るの遅いからご飯遅くてちょうどいいかな…とか思ってたら、なぜか単純な足し算ができなくて、

終わるの9時だと思ってしまっていた…。でも10時じゃんね?(笑)


その後、風呂上って友達が寝静まったところ、一人でパソコンやってました。
友達は明日帰るんですけどね…ストレス溜まってたもんで(笑)

んで、Eastern見ましたよ~~~~!!!
かっこいいっすね!!!!!!

わぁ~~~って顔も目も輝かせながらリピートしまくって見ちゃいました。
でも大画面で早く見たいなぁ…。。。
2006.03.15 Wed l EXILE l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。